TOPに戻る
次のページ

行け!! アイリーン快賊団

タイトル :行け!! アイリーン快賊団
サークル名:ルさんちまん
ttp://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ135371.html/?unique_op=af

DLsiteの半額セールの時に買った作品。
最近やったエロRPGで「エロい!」とか「良い話だ!」とかじゃなく、「面白い!」と思ったのはこれ。
シナリオも面白い。エロもまあ悪くはない(個人的にはそこまでだった)。
だが、このシステムは個人的にはエロRPGでトップクラスだと思っている。プレイしてて、本当にゲームとして面白いの。
これエロに限らずRPG作ってる人には是非やってもらいたい。凄い参考になる。

まず戦闘システムから。
移動は不思議なダンジョン系統で、敵と接触すると戦闘画面となりパーティー五人を前衛と後衛に分けて戦う。
世界樹の迷宮みたいなイメージね。
んで、味方ターン(素早い順から)が始まり、行動を終えると敵ターンに移行する。ヴァンダルハーツだなって言ってわかるやつは多分いない。
まあそれはそれとして、味方側全員最初に一回行動できるとなるとそこそこのアドバンテージにはなるよね。基本的に先行取れる感じ。
キモはここなんだ。
【ノーダメージで敵を全滅させるとボーナスが貰える】の。
このゲームは、雑魚敵程度ノーダメで倒してみやがれって言ってるわけ。
そうなると戦略を、ひいてはパーティー編成を考えることになる。いかに殲滅力を高めるかに頭を使うのだ。
攻撃と攻撃目標を選んだら予想ダメージが表示される(SRPGとかでよくあるアレ)。それを計算しながら、上手いこと1ターンで敵を全滅させるのが何より楽しい。
単純な火力だけでは押し切れない場面も多い。味方の魔法に追撃してくれる弓技を使うもよし、倒しきれないと踏んだら状態異常にかけてやりすごすのもよし。なんだったら吹き飛ばしアイテム(使い捨て)で一匹二匹抹消してもいい。
俺のおすすめはなんといってもマリーのスキル「弱者への追い討ち」。
このスキルは味方ターン終了時にHPが一定の数値より下の敵を問答無用で抹殺できる。取りこぼしをカバーしてくれるし、スキルを鍛えればより基準数値が上がり、使いやすくなる。余談だが続編でもこの手のスキルが猛威を振るっている。
戦略的なRPGって言うと結構難易度高そうに見えるが、そこまでガチガチではない。むしろクリアするだけなら割とどうにでもなるレベルだ。
二週目難易度もお助け要素としか思えないキャラもいるので、そこらへんは自分で縛ろう。

次に勲章システム。これも素晴らしい。
ゲーム中に実績を解除するとそれに応じた勲章がもらえる。
単なるコレクション要素かと思いきやこれ自体が装備アイテムとなっているため、何か行動を起こす度に強くなり戦略の幅が広がるのだ。
例えば先ほどおすすめした「弱者への追い討ち」で同時に敵を2体倒すと勲章「チェックメイト」が手に入る。
これをマリーに装備させると、弱者への追い討ちのダメージがプラスされてさらに技が強くなるというわけ。
それを使って3体、4体と倒していくとそれに応じて更に勲章が貰える。もちろん固有スキル以外にも効果のある勲章はあるので長所を伸ばすことも短所を補うこともできる。
こういう要素は個人的に好きなので誰かパクれって思う。もちろんアレンジして。

ダンジョンで入手したアイテムが精算され、金でステータスやスキルを強化できる成長システムなんかも面白いが兎にも角にも上の二つは快適。ユーザビリティ高い。
今現在半額ではないが3割引なので面白いRPGやりたいって人は体験版だけでもプレイしてみてはいかがだろうか。
エロは……まああるに越したことはない。


このサークルの続編は「姫騎士レイチェル」も(半額だったので)買ったが、やはり出来がいいものだった。
アイリーンとはところどころシステムが違って前作の方が好みではあったが、上記の面白かった点は引き継がれていたので満足感は高い。
エロに関してはレイチェルの方が上かなとは思う。まぁアイリーンをプレイしていいなと思ったら迷わずおすすめする。


新作の「行け!! 鳴神学園オカルト研究部」はまだ購入していないが、セールを待たずに買ってしまうかもしれない。
少なくともRPG部分だけで金を出すだけの価値はあるゲームだと確信している。
余談になるが、ボス戦の前に

「あ……あれは○○!」
「知っているのか?」
「ええ、あいつは恐ろしい奴で…」
「ほう、それは恐ろしい…」
「しかし恐ろしいのは奴に負けたあとなんですよ」
「どういうことだ?」

って『こいつに負けたらどんなエロい目に遭うのか』を毎回詳細に丁寧に説明してくれる流れはわかってても笑う。
(これレイチェルの方だった)
知っているのかライデン!

そんな感じ。
sage
次のページ
TOPに戻る













inserted by FC2 system