TOPに戻る
前のページ 次のページ

ダークアウトトリガー

タイトル :DOT・ダークアウトトリガー Ver1.04TURBO
サークル名:ギンギラドット☆スター


半額セールに買ったけど今は半額じゃない作品の紹介だ!

ダークアウトトリガーはサイドビュー型RPG。
敵も味方もサブキャラも全てドットで描かれている力作だ。





>原因不明の致死病…”影化”
 発症すると、影のような化け物になってしまうという恐ろしい病

 その”影化”が発見されてから20年…
 治療法はいまだ確立していない為、人々は恐怖で満ちていた

 そんな中、かつて世界を救ったという”救世主”の話が広がり始める 

 『滅びを払う救世主が”赤き流星”と共に舞い降りる』

 そぅ伝わる伝承通りに、空には赤く輝く流星が現れた
 人々は”救世主”が降臨したのだと歓喜した…

ーしかし、人々の記憶には苦い記憶も残っていた

 20年前にも”救世主”騒動はあったのだ
 そのとき”影化”の治療が可能になったと人々に伝えられた

 だが、結果は変わらなかった
 ”影化”を防ぐ手段はなくなったというのだ

 人々は期待を裏切られたことへの怒りと共に”救世主”に失望したのだった

 そんな昔の経緯もあり
 今回の”救世主”騒動を人々は半信半疑、冷ややかに見つめる者が多かった。

ーだが人々は知らない

 20年前に何が起こったのか?
 何故”救世主”が現れ、治療が可能になったと発表されたのか?

ーさぁ、今こそ…”真実”を知るときが来た
 クリスとシン、そして仲間達が体験した物語をここに語ろう…。

 『これは救世主の物語…』




と少年漫画感溢れるストーリーの通り、このゲームはコテコテの【少年漫画系エロゲ】。
少年漫画系エロゲってなんやねんと思われただろうが、まぁ王道RPG的なゲームにエロ要素を足したようなゲームと言っておくべきか。おこう。

フィールドは横スクロール形式となっており、ジャンプやダッシュ、フィールドでは銃撃も行える。
青い弾でモンスターを撃てば先制攻撃が可能。赤い弾で撃てばマップ上で排除もできるが弾を三つ使うモードで撃つかランダムで出てくるので多用はしにくい。
戦闘は基本的にクリス+シン+サポートキャラの三人で行う。自分のターンではクリス(の通常攻撃)→クリス追撃→シンorサポートキャラ→行動してないキャラ→奥義の順番でコンボを繋げる事ができる。
行動には各キャラのコストが必要で、コストさえあればクリスは各種銃による射撃、シンとの連携プレイ、サポートキャラの必殺技から行動を開始することもできる。そのまま奥義に繋げる事も可能だ。
コストをうまく管理してコンボを決めるのが重要だが、連携のタイミングは最初はわかりにくいかもしれない。慣れだ。
なんて言うか、マップ上での先制攻撃と言い目押し攻撃で大ダメージと言い防御も目押しでジャストディフェンス発生と言い、【マリオストーリー】を彷彿とさせる。
サポートキャラは攻撃を食らうことはあってもHPは存在しない点とか。参考にしているのかもしれない。
ついでに、コンボはシンよりサポートキャラを先に行動させるのがお得だ。シンはクリスの行動時に動かさなくてもコストがあれば自分で行動するため、
クリス&サポートキャラで一体撃破→シンで一体撃破 とダメージを分散させて殲滅させることが可能だったりするため。

ストーリーについてだが、本っっっ当に【王道】だ。【ベッタベタ】とすら言い換えられる。
記憶を失った少女クリスとハンターの少年シンが出会い、影化減少に立ち向かっていく。
影化によって世界を覆い尽くす計画を企む、かつての同胞。
救世主と呼ばれる力を持ったクリスが、敵の親玉にはまがい物だと指摘される理由、その生い立ち。
20年前の戦いの結末と、先代救世主の行方…。
阻止するための力を持つオーブを集める内にそれらの謎が解明されていく。

正直言って、このゲームのノリは若干【古い】のは否めないと思う。
なんだかよくわからない(本当によくわからない)棒人間のマスコットキャラクターに、(設定が)少々テンプレ気味なキャラクター。
ブログに書いてあるSSは、いや、悪くはないんだけど……ノリが古い! 古いんだよ! 良くも悪くも!
【90年代末から00年代初頭の匂い】がすごいんだよ!!!

と言うとなんだか恥ずかしいゲームみたいだが、このゲームは悔しいまでに面白い。
王道、ベタベタ、古いノリ。
貫き通せば、それは【決して揺るがないゲームの核】であり、【有無を言わせない面白さの暴力】である。
最初は「うわぁなんかちょっと昔を思い出して悶々とする…」ってなっても、中盤からは所々にツッコミ入れながら(何故か上下ジャージ着てるシリアスで強いボスとか)も真剣にプレイせざるを得ない【王道骨太ストーリー】。
【超恥ずかしくてそれを凌駕する熱量のガリッと歯応えのあるムキムキなゲーム】だから…無敵だ!

このゲームの何が素晴らしいかって、サポートキャラを誰にするかでちゃんとストーリーの会話に参加してきてくれる所。
特にシンの育ての親、ダンテは20年前の戦いのメンバー。救世主と並ぶヒーローで、【前作主人公】的ポジションだ。もうちょっと元ネタを隠す努力をだね…!
この物語は20年前の戦いが深く関わり、敵のボス面々もダンテと因縁がある者が多い。
そういえばこれエロゲだしサポートキャラはほとんど女の子だが、どうにも外し辛くて困った困った。(もんぱらでもストーリーに関わるキャラを外せなかったタイプ)
最初は英雄にしては控えめな活躍だが、カキンダンジョンのイベントをこなすとラスボスまで大暴れできる性能になるので入れるなら是非行っておこう。


本当にそういえばこれエロゲなのでエロ要素を述べると、クリスは結構食い意地も性欲も旺盛なので【発情するとダンジョン内でおっぱじめる】。
いきなりこれからクリスとシンがセックス始めるかみたいなこと言い出したサポートキャラの反応もそれぞれ面白いので必見。
ドット絵も一枚絵もエロがあり、ボリューム的には悪くはないのだが…個人的にはあまりエロに向いた絵柄(と言うか塗り?)じゃないかなとは感じた。
もちろんドットエロ好きならチェックはしといて問題ない出来だが、【これエロ抜いて全年齢でもいいんじゃね?】ゲーに俺の中だと分類される。
いや可愛いけどねミーシャとかセーラとか!




そんなわけで予想外に面白いゲームだったが、どうしても言いたいことがいくつか。
【サポートキャラのステータス画面は欲しかった】。プロフィールとか能力値とかないから登場人物としてはともかく仲間としては【ぶっちゃけそこまで誰連れてってもそこまで劇的な差はない】気も。いや回復のカグラとかいるけど。
あとレベルをガンガン上げられるクリスに対しシンの能力上昇が少なく、最初はクソ強かったものの【裏ボスあたりになると実質クリス一人で戦ってた】感は否めない。
【過去の話の全容は明らかになってない】のも話が面白かっただけに残念と言えば残念。想像の余地があると言えばそうなんだけど。



しかし、それにしてもDL1000も行ってないとは思えない程に濃いゲームであった。
エロ要素も俺には合わなかったものの十分なレベルだと思うし。まぁ本当に少年漫画系の絵だからかな…。
格ゲーも作っているらしいガチなドット絵サークルの王道RPG、是非とも味わって頂きたいところだ。
その 引き金 トリガー で、闇を切り裂け!
そのネタみんな好きだな!



そんな感じ。
sage
前のページ 次のページ
TOPに戻る
inserted by FC2 system