TOPに戻る
前のページ 次のページ

nursery Slime

タイトル :nursery Slime ~スライム娘と奇妙な日常~
サークル名:だぶるす*こあ
ttp://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ195886.html


スライム娘、好きかい?

ここ最近は当たりを引く事が多い。
副委員長と言う良作を一作目から出してきた期待の新サークル、思いがけないシナリオの良さに唸ったダークアウトトリガー。
そして今作は、新規サークルにしてかなりの良シナリオをぶっこんできた今年イチオシの作品だ。

元はそれなりの冒険者だったが、ある事件を境にすっかり落ちぶれてしまった中年の男、『負け犬』のオズ。
宿からも追い出され、日銭を稼ぐべく冒険者ギルドへ再登録。周囲からの嘲笑を身に受けながらも、低賃金のドブさらいを受ける事に。
そこで見つけたのは、自分と同じく周囲の魔物から虐げられている、一匹のスライムであった。
その出会いは偶然か、運命か。少女に姿を変えたスライム娘のクゥと負け犬のオズ。二人の物語が、幕を上げようとしていた…。

みたいな話。

オズとクゥは肩書き上は魔物使いとその魔物、実質は使役関係と言うよりもパートナーのような関係となる。
二人で最下位のモックランクから、アイアン、ブロンズ、シルバー、ゴールドへと駆け上っていく。
果たして「え? スライムって何でも食べるんだろ? じゃ飯は鉄屑でもいいんじゃね?」なノリだったオズは、一流の料理人になれるのか――!?
ってネタをやろうとプレイ中に思ってたんだけど、いやーまさか本当に料理人になるとは思わなかったね。

宿屋から追い出され、スライム娘を連れたオズが宿泊するのは魔物研究者の美男子…もとい美女のトーリス宅。
彼女はオズの元ファンを自称するも、ちゃんと家賃は請求するしなんならオズのランクアップに連動して賃上げしてくれるぞ。
なんていい女なんだ! あまりナメた真似してっとちんちんぶち込んでやっぞコラ!!
何故彼女がオズを助けるのか、そして何故落ちぶれる前もそこまで名のある冒険者でもなかったオズのファンであったのか。
その理由も、後に語られることとなる。

さて、メインヒロインのクゥだが。
この娘はこれまで見たスライム娘の中でも【相当すごい】部類に入る。
何がすごいって、変身、と言うか擬態能力だ。クゥは【他の女の子モンスターに変身】し、【その能力を使うことができる】。
そして変身できる姿は七種類。つまり彼女一人で【七人分のスキルを使う事が可能】な万能文化ゲル娘と言うわけだ。
しかも戦闘中の変身に【ターン経過】はなく、二回行動可能時には『カーバンクルに変化して全回復』→『サキュバスに変化して雷撃で一掃』なんて戦術も可能。
このゲームの九割九分はオズ+クゥの二人組と言ういささか手数に乏しい印象を受けるパーティーだが、それを補って余りある七色戦姫っぷりを誇る。
しかし女の子モンスターに変身するだけなら見ただけで可能だが、能力までコピーするとなると流石にしっかりと身体の仕組みやらなんやらを確かめなければならない。
要するに女の子モンスターを倒したらスライム姦のエロシーンが始まるってことだ。わかりやすいね。
このゲームのエロシーンは九割方クゥが絡む。オズとのイチャラブックスはもちろん、モン娘相手に触手を作って絡ませるのは、いい感じのレズレイプ感がある。
そしてあまりスライム姦に興味の無い人でも安心のクゥの変身能力。倒してコピー能力を得たクゥは各種モン娘に変身してオズとねちょねちょしてくるため、【モンスター娘に興味がある】人なら特別スライムに興味が無くても安心の内容だ。
逆に言うと、ただひたすら【スライム娘】×主人公のイチャラブエロのみでシコになられたいって人には若干物足りないかもしれない。必要十分な量はもちろんあるけどね。

主人公のオズも、中々キャラが立っている。
『負け犬』の蔑称を受けながら、目の前の障害をクゥと共に一つ一つ取り除いて行く三十過ぎの姿は、未来に希望溢れる十代の主人公とはまた違ったものであろう。
クゥに振り回されている、クゥの保護者であり、恋人でもあり、相棒でもあり、そして   でもあるオズには、『あるもの』が足りていなかった…
少なくとも当初は料理に対する心構えがあまりにも不足していたと思うな!

このゲームはエロも悪くはない。システムも良好だ。
だがしかし、その上で【シナリオ特化ゲー】と言い切れる程の展開を誇るゲームである。
エンディングは終盤でクゥルートとトーリスルートと???ルートに分岐する。
???ルートは最後になるためクゥルートかトーリスルートか先に攻略することに、なる、が……
【俺としては】、トーリスルートを先にプレイするのをオススメしたい。
勘違いしないで欲しいが、各EDには全て違った良さがあり、どれが一番良いと良い難いのだ。
余韻の残るトーリスルート、王道超特急のクゥルート、そしてマジでやんのかよと思った???ルート。
是非ともそれら全てを見て、nursery Slimeと言う世界に浸って欲しい。
クゥルートの任務達成条件みたいなのぼくすき。


オズの周囲の人物も、最初は彼らを既に終わった敗北者として冷ややかに見ていた。
モンスターを連れる危険人物だとすら認識していた者もいる。
だが、オズは折れず、腐らず、前へと進んでいく。
【彼女】の前では、自分は『負け犬』ではないから。


これは、負け犬のお話であり。同時にヒーローのお話である。



少しは疑問を持て!


そんな感じ。

sage
前のページ 次のページ
TOPに戻る
inserted by FC2 system